困った時は一番頼りになる。

私は実家が鹿児島にあり、そこから就職で大阪に出てきました。

実家暮らしの頃とは違い一人暮らしでは色々とお金が必要になって行きます。

昔は貯金をしながら生活出来ておりましたが、仕事を辞めてからは貯金を切り崩していきお金がどんどん無くなっていきました。

うちの子供の学校は、文部科学省の管轄ではなく厚生労働省です。

独自の奨学金もあるのですが、審査は厳しいようですね。母子家庭の方や、年収が極端に減った方優先になります。

実はうちは、上の子供が、失業して車のローンを払うため、ローンが重なってしましまいました。なので、ニコスで50万キャッシングしました。

ボクは車が大好きで、特にスポーツカーが好きで運動性能の高い車に興味がありました。

車の免許を取ったのは少し遅く、21歳の頃時でそれまで憧れていたTOYOTAのMR2を中古で購入しました。

車に乗り始めて間もなくつきあい始めた彼女と結婚することになり、それまでフリーターだったボクは就職を決意し、地元では大手の書店に勤務する事になりました。

書店の営業といえば本がたくさんあって商品管理が大変そうだとかそういうイメージを持たれるかと思いますが、当時は映画やCDのレンタルや家庭用ゲーム機の販売などを併設する複合店が流行っており(GEOやTSUTAYAみたいな感じです)ボクの勤務先もそのような業態を取っていました。

ある日、見つけちゃったんです!すっごくカッコイイBMW!

中古車販売のサイトをあちこち眺めていたら、すごく状態の良いBMWが50万で売りに出てました。

それまでは、マツダに乗ってたんだけれど、どうも調子が悪くて出来れば買い換えたいなと思ってたところでした。

社会人になりたての頃にどうしても欲しい時計があったので、我慢できずにキャッシングしてお金を借りました。

中小企業に就職してある先輩に出会ったことがきっかけで、時計に興味を持つようになりました。

先輩は面倒見が良くて後輩から慕われていて、仕事のフォローもすぐにしてくれる頼れる先輩といった感じの人です。

随分と前の話になりますが、私は地方から高校卒業後に上京し、少し時間が経った6月から東京郊外で一人暮らしを始めました。

一人での生活自体は特に何の不自由もなく、極めて順調に生活をしていたのですが、一人暮らし開始から2年が経った4月。

職場での後輩もたくさんでき、上京したてでまだ東京生活にも慣れていない後輩を引き連れて良く歓迎会を行っていました。

お気軽に利用していて気が付くと

キャッシングの審査がまだ緩かった時代です。

給料日まで余裕がない月があり、2万ほど都合をつけたくてどうしたものかと悩んでいる時に、金融会社のCMが目に入りました。

「お気軽に、無人契約機をご利用ください」という言葉に惹かれ初めて利用しました。審査はすんなり通りこんなに簡単にお金が借りれるのかと驚いた記憶があります。

 最初にお金を借りたのは、高校進学の頃でした。

まず、ふつうは公立高校を目指し、滑り止めで私立を受けるのが一般的です。

私は、率直に言って勉強できなかったので公立に落ち、私立学校に向かうこととなりました。

私は現在北海道で牧場を経営しているのですが少し前に付き合っていた彼女にお金を借りたことがありました。

理由としてはなんてことないのですが単純に生活するのに必要な金額が手持ちになかったので頭を下げて借りました。

今でこそ牧場を経営していてなんとか食べていけているのですが、一昔前までフリーターみたいなことをしていたので毎月ぎりぎりの中で生活していていつも困っていました。

私は実家に居た頃は、貯金はそこそこしかせずに一人暮らしをする希望だけありました。

急遽、家を出ることなり、諸経費、引っ越し代、家電等の見積もりを立てると、大変な事が分かりました。お金が足りないんです。

仕方なく、貸金。でも、一人暮らしも生活が大変で火の車!気が付いたら膨れ上がり、後戻り出来ない状況に。